はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
洗面器キャスト
 とある川の支流の最上流にあるその沼は、直径40ヤードほどの小さな沼で、水面は ほぼ全体をクレソンで覆われていた。
 沼の底からは所々に湧き水が溢れ、その湧き出しのポイントの水面だけはクレソンに覆われず、輪の様な形になって水底を覗かせていた。
 そして丁度、洗面器位の大きさのその穴からは 澄んだ水越に その湧き出しの周囲にたむろする魚たちの姿が見え隠れしていた。
 静寂の中にたたずむ その静かな沼は、チョッとでも水音をたてたり、水面に振動を与えると 魚たちは警戒し、全く釣れなくなってしまう…かなりの注意とテクニックを要する沼なのだ。
 楽園?の魚たちに気付かれぬよう、沼には入らずに 体勢を低くして岸から15ヤードほど先の「洗面器」目がけて 静かにドライフライをキャスト!  しかし、岸辺はすぐ近くまで木々が立ち混み、キャスティングの際にバックがとりにくいときている。
 この沼の攻略の為に一週間練習して来たスティープル・キャストで、自作のフライを静かな水面へフワリとソフトランディングさせる。

 実はこの沼は二度目のチャレンジ…一週間ほど前に始めて訪れた時は、これらの状況が解らず、散々な結果だったのだ。  そんな反省をふまえ、この一週間、キャスティングの練習を重ねて来たのだ。
 その成果があってか…「洗面器」にフワリと着水したカディスに 水底から現れた美しい赤い斑点を持つ魚がヒット!
 他の魚たちに気付かれぬように、ヒットした瞬間に素早くピックアップ!
空中を飛ぶ様に僕のもとへ来たその魚を見つめる事しばし…その姿を写真に納め、クレソンに守られた沼へとリリース。

あれからもう10年…今年は 暫く振りにあの沼を訪ねてみようかと思っている。
…でもその前に、5番ロッドのホコリを落とし、キャスティングの練習をしなくては(笑)

     2015-12-26 16.38.48



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hamamaster.blog54.fc2.com/tb.php/2120-f50bbf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する