はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
紅ズワイガニ
 厨房の裏口のドアが開き、茹でたての柳ダコを届けに ひょっこり顔を覗かせた地元A水産の若社長、Y君…注文の柳ダコの他に持ってきたのがコレッ…白糠産の紅ズワイガニ
紅ズワイガニ

 今迄、白糠といえばなんと言っても「毛蟹」でしたが…白糠港から漁船で1時間半から2時間ほどの沖合いの水深7~900mで獲れるという この紅ズワイ…最近、地元のニューフェイスとして ジワジワと知られて来ました。
 今迄、他の高値の魚介類の影で脚光を浴び損ね、獲る人も無かったという事らしいです・・・ウ~ン、勿体ない!(矢沢風に)

 ともあれ、やっぱり、ズワイもウマイッ(^o^)
この しっとりとした食感と バツグンに滑らかな甘み・・・他の蟹には無い、ズワイのみが持つ旨みですネ。

 目下、白糠のズワイ漁は「第31・太幸丸」という漁船のみが行っているそうで、これからの市場の動向を睨みながら 漁を続けて行くそうです。

 さて、この紅ズワイ…このままでも勿論美味しいけど、どうやって食べましょうか?(^-^)
 こんなステキな地元食材の出現に、頬の緩む 厨房スタッフでした。


この記事に対するコメント
こんにちは
紅ずわいですか。確か松葉よりも もっと深い海にいるんでしたよね。以前に 1961年のラフィットとあわせたことがあったのですが 感動の組み合わせでした。あしの早い食材なだけに ゆでたても魅力的ですね。シェフのレシピも 拝見したいものです。
【2008/05/07 16:26】 URL | ソムリエ #- [ 編集]

楽しく悩んでます(^^ゞ
 61年のラフィトですかぁ…スゴスぎますネェ
実は この蟹の持つ甘みには どんなワインが合うんだろうと、僕なりに迷い考えていました。
 シャブリの様な辛口の白はチョッと喧嘩しちゃうかなぁ…コクのある白ならいいかも…以前テイスティングしたアルザスのゲヴュルツトラミネール 2006年のような感じではどうでしょうか?
 このズワイの甘みは 北寄貝の持つ魚介の甘さと共通した旨みの様な気がします。

 アレコレ考えながらのマリアージュ…またまたワインに楽しまされますぅ(笑)
【2008/05/08 21:28】 URL | おさchief #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hamamaster.blog54.fc2.com/tb.php/121-3666fd8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する