はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
30年目の釣り
    先週の定休日は 友人のM君とヤマベ釣りに…

2014-09-24 09.34.56

    同級生の彼とは30年振りの釣行…
           20代の頃には 年に何度も一緒に釣り歩いたものだった。

その後、公務員のM君と 自営業の僕とでは 休日の調整も付かず、一緒の釣行は難しくなったが、
   この春、定年を迎えた彼にも ゆとりの時間が出来、平日休みの僕に合わせた釣りが可能になった。

2014-09-24 09.43.42

    「この歳になって、こうして一緒に釣りが出来るなんて、20代の頃には想像できなかったね…」
           初秋の山奥の渓流で そんな会話がしみじみと…

          もう、釣果なんかは どうでも良い、愉しく豊かな一日だった・・・




釣り人Y君が残したもの

 先日、僕のもとへ 釣り仲間のT君から一冊の写真集が届けられた。

 それは僕の同級生で 洗練されたセンスの持ち主だったY君の遺作写真集である。
 そこには釣り好きの彼が生前にしたためた素晴らしい写真の数々が納められていた。 西別川、屈斜路湖、知床と…頁を開いて行くと、僕たちの上を駆け抜けていった時間が次々と昨日の様に甦り、胸が熱くなった。

 同級生なのに僕よりいろんな事を知っていて、特にフライフィッシングでは僕の師匠だった。  カメラも釣りもプロ顔負けの実力に加えて 穏やかなその人柄のファンは多く、本業の料理やジャズやカクテルでも 実に多くの人々を愉しませてくれた。  その彼がひっそりと逝ってからもう3年になろうとしているが、釣り仲間を始めとするY君を慕う友人たちが、彼の記憶をいつまでも留めたいと、膨大な彼の写真を編集し、発行となった。

 釣り上げられたばかりの活き活きとした魚たち、そして美しい道東の大自然…感性豊かなY君の目を通して見た 数々のシーンがそこにある…

 発行に携わった友人たちの労力と熱意には頭の下がる思いで、感謝の気持ちでいっぱいです。

 「釣り」という個人プレーが当たり前の趣味の世界で、これほど多くの仲間に慕われ、愛された人を僕は身近に知らない。

 一緒に川へ行っても、決して僕より先を歩こうとせず、後ろからゆっくりとキャストを楽しみながら歩いて来た彼のスタイルを思い出しながら 今は 色づき始めた 彼のいない川を歩いている僕である。 

     2014-09-26 15.08.39




はまなすワインセミナー報告
         第4期はまなすワインセミナー … 楽しく、順調に進んでいます♪

   2014-09-02 21.02.28

   7月から始まった月2回のセミナーも、昨日で6回目を修了…残すところ あと2回! 
           皆さん、かなりレベルアップされて、すっかり頼もしくなって来ましたヨ!

      ワインばかりでは無く、チーズのセミナーも同時に組み込まれています。
               昨日は ジロールを使って テット・ド・モアンヌを試食 

   2014-09-16 20.54.10

    会場では、ワインの外観、香り、色調、背景と…
            その愉しみ方を知った喜びの声が 聞こえてきて、僕も嬉しくなります!



カタチの愉しみ
                  カタチの愉しみ

2014-08-28 08.27.24

 趣味の世界に入る時、カタチから入るという方も多いのでは?  カタチから入ると言うと どこか軽薄な感じがして、ヘビーな本格派の方々からは敬遠されがちだが、実は僕も「カタチ派」である。数ある自分の趣味の中でも、特に釣りに熱が入ったのは、ロッドやリール等のコダワリの道具たちに魅せられたせいでもある。
 30年前、餌釣りからルアー・フイッシングへシフトしたのは、当時の仲間が持っていたリール「カーディナル33」に憧れたのが切っ掛けだった。 憧れの道具を手にしてフィールドへ出る事を知ったその喜びは、やがてロッドへのコダワリとなり、色彩豊かなルアーへと走った。
 この道具へのコダワリは更に進み、やがてフライの世界へも…。
道具は勿論だが 自分で巻き上げるフライにも凝り、北国のフィールドでは実戦的とは言えない様なタイプのファッション的フライも 飾り?として 数多くフライボックス内を占めた。

さて、それらの道具を持っての実際の釣果は?と言うと、疑問も多いが、「カタチ派」としては、釣果は二の次なのだ。  自分の好きな道具を手にしてフィールドへ出られる事…憧れの道具たちと共に時間を過ごせる事が 豊かな時間と感じられる要因なのだ。
 そんな僕も 最近 釣り場で出会うヤング・アングラーのカラフルなファッションには驚かされる事がある。しかし、彼らもまた、僕と同じ「カタチ派」なのだ(笑)。







プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する