はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
アニバーサリー
                    アニバーサリーは 31回目の結婚記念日

    シャルム・シャンベルタン’02

    29日が記念日ですが、いつもG・Wの始まりの日なので、この仕事柄、
                       結婚以 来ゆっくり祝った事はありません (^_^;)

         でも今回は 娘も帰省して家族が揃ったので、閉店後にチョッとしたお祝いを…

10年の目覚め
          こんな時こそ…と、出してきました…カミュのシャルム・シャンベルタン’02

      オレンジからレンガへと変わりつつある魅惑の色調…
                 ピノ・ノワ系らしく、木イチゴやベリー、薔薇の花束のようなゴージャスな香り…
    魅惑の色調
            アニバーサリーにふさわしい華やかさを演出してくれました (^^)

ラム肉のロースト

   ワインが素晴らしいので、調子に乗って 武藤さんのラムも出してきて焼いちゃいました (^o^)
        (う~ん、商品に手を出してしまいましたが、たまには いっかぁ?)

  トリュフ塩をかけて 至福のひととき … 子供たちに囲まれ、昔話に花が咲き、
        カミさんと僕の照れくさい…でも、しみじみと感謝の気持ちのアニバーサリーでした!




   

白糠を食べよう!
       昨日、月刊fitのハンバーグ特集の取材があり、
            ウチの人気メニュー オール白糠ミルフィーユの撮影がありました (^^)

   オール白糠ミルフィーユ

   プロのカメラマンの方が撮影したあとに ちゃっかり便乗してスマホで撮らせてもらいましたぁ (^^ゞ

せっかくなので、このメニューの説明をチョッと・・・
  2層仕立てのハンバーグとチーズで、
          ●下が 白糠産・馬木葉のエゾ鹿肉で作ったハンバーグ
                  ●上が 白糠・茶路めん羊牧場産のラム肉のハンバーグ
      ●その間に入って 美味しそうに溶け出しているのが、チーズ工房・白糠酪恵舎のモッツァレッラ
             ●トッピングのチーズも酪恵舎のモンヴィーゾ・チーズの削りおろし…

             ●付け合せの カボチャと ポテトのフライも白糠産、
                ●サラダも白糠産(葉モノは収穫期のみ、白糠産)…

        と、言うわけで、白糠の恵みを中心に創りあげた、
                     まさに オール白糠・ミルフィーユです (^3^)/

        このプレートに カップスープ・ライス・コーヒーが付いて 税込1,356円!

            G・Wのドライブがてらに、是非白糠を食べにいらしては?
                    お待ちしています (^-^)


まる金の夜
      先日の定休日、母の誕生日のお祝いに 名店まる金寿しに行って来ました (^3^)/

ユニークな まる金のロゴ  まる金のご主人、金丸さん
                             まる金のマスターの いつもの笑顔に迎えられ・・・

 酢飯の匂いや 生臭さのカケラも感じない 清潔な店内に足を踏み入れると、おぉ~誘惑のネタ・ケース!
   
 ネタケース(左側)  ネタケース(右側)
 選びぬかれた鮮度の良い食材が 見事に手入れされ並び、誘惑の眼差しで食欲をかきたてて来ます
                                           (ドキドキ♪)
カウンターに座り、ネタ・ケースに眼を向けた この時点で、今日は主役の「母の誕生日」という事を
                もうすっかり忘れて パニック状態の僕でしたぁ (^^ゞ

     中トロの誘惑?

  冷酒をクイクイと飲みながら、先ずは お刺身から ひと通り楽しむ僕を尻目に、
「美味しい、美味しい」を連発しながら いい勢いでパクパクと握り寿しを消化?して行く母たち家族…
             その様子を眺めながら 嬉しそうにニコニコと笑顔で握るマスター…

ウニと 自家製の数の子
ウニは苦味の無い、自然そのものの甘さ…  
                    まる金自家製、昔風のギシッとした身詰まりの数の子

        特大の牡丹海老
         マスターの目利きの賜物…特大の牡丹海老! 夏のブドウ海老も 待ち遠しい(^^)

ホヤの刺身
         苦味と甘味のバランス、磯の香りも嬉しい ホヤの刺身

        まる金自家製くじらベーコン
         まる金の裏メニュー…自家製くじらのベーコン、 他のベーコンとは ふた味違う (^o^)
                     脂くどく無く、噛むほどに口中で広がる 凝縮した鯨肉の旨み…

    まる金と言えば、中トロの握り
              まる金と言えば、やっぱり鮪…特に中トロは最高…ホント!

                      デザートは だし巻き玉子
                      仕上げのドルチェ?は…
                        職人技の集大成、だし巻き玉子と ジューシーな いなり寿し

      母親のおかげで 至福の食事を堪能した夜…
                      また、食べに来られる様に 頑張るゾォ~(笑)



春のコース料理
      東北から届きましたぁ (^3^)/ 春の使者…筍です!

 春の便り…筍   美しい断面模様

   …で、今回は どうやって料理しようか?
            根本から先っぽの部分まで、それぞれの硬さや食感に応じた料理が浮かびます。

       丁度、今晩…コースの予約があったので、トップバッターに!

  筍のステーキ
             旬の味覚 … 筍のステーキです!

      新鮮な筍の持つ心地良い柔らかさ、コーンの様な甘い香りと味わい…
お好みで付けて召し上がって戴く為に添え付けた2種類のソースも 不必要だったくらい、
                         そのままイケちゃう程の 淡く優しい味わいでした!

…さらに、このあとのコース内容は…
                      7種類のアンティパスト・プレート
      アンティパスト
             ①炭焼きグリーンアスパラの生ハム巻き
              ②オホーツク産甘海老のカルパッチョ
               ③酪恵舎スカモルツァ・チーズとキノコの春巻
                ④春のピッツァ(タラの芽、行者ニンニク入り)
                 ⑤アボカドのサラダ
                  ⑥茶路めん羊牧場産ラム肉とレッドムーンの 酪恵舎チーズ入りコロッケ
                    ⑦そら豆の冷製ポタージュ・スープ

 トキ鮭のアクアパッツァ
    いよいよ始まったトキ鮭漁…浜中産・トキ鮭と厚岸産アサリのアクアパッツァ

      トリュフとポルチーニ茸のカペリーニ
           デビュー前の先行提供? トリュフとポルチーニ茸のカペリーニ

 白糠産エゾ鹿肉のロースト
            焼きたての 白糠産エゾ鹿肉の炭火焼きロースト
                    ( 無造作に添えられているのは トリュフ・ソルト です )

    GWも近づき、やっと春らしさが芽吹いてきたこの季節…
                      こんな感じのコースは 如何ですか?

  


トリュフとポルチーニのカペリーニ
    GWを前に 何かウキウキするメニューを作りたいな…と、考えていたのですが、
          試作してみました (^^)   …夏向けの 冷たいパスタです!

    トリュフとポルチーニのカペリーニ

                  トリュフとポルチーニのカペリーニ

   アッサリとした塩味仕立てなので 刻んで和えたトリュフとポルチーニ茸の香りが活きてます (^o^)

        トリュフもポルチーニ茸も高級品なので 普段ナカナカ口にできませんが、
          気軽に多くの人にその魅力を楽しんで戴きたいと思います!

       価格も検討中ですが、1,000円程度のリーズナブルな価格で頑張りマッスう (^-^)

                           お楽しみに!





カプリ カプリ
      トスカーナ・ワインの試飲会で札幌へ…

    そして目的は もうひとつ   先週オープンした Capri Capri (カプリカプリ)を尋ねること!

        アンティパスト・プレート

          白石区から中央区南1東2へと引越し、新店オープンしたCapri Capri…
                                         楽しみに行って来ました(^-^)

        イナマ、ヴァン・ソアヴェ

          落ち着いた センスの良い店内…
                 充実した 広いワインセラー
                      調理姿を楽しめる オープン・キッチン
                          そして、美味しいイタリアンの数々…

パンチェッタと玉葱のキタッリーニ  えりも短角牛の炭火焼き
     パンチェッタと玉葱のキタッリーニ              えりも短角牛の炭火焼き
  こんなにコシの強い 手打ちパスタは 初めて♪     肉を噛む喜びが楽しめる究極の美味しさ!

       魅惑の色調…
           噛み締めるほどに溢れ出す 牛肉の甘味、旨み、
                          炭焼きの香ばしさが 豊かな味わいに…

       バローロ
           ソムリエーヌのマダムおススメのバローロとも バツグンのマリアージュ (^o^)

          スタッフの皆さんの気配りの効いた落ち着いた雰囲気の中で、
                            至福の時間を過ごさせていただきました!
        
        塚本夫妻と…
               帰り際、ステキな塚本さん御夫妻と一緒に…

                           Capri Capri
               塚本シェフの お見送りに恐縮しながらも、
                       「今年こそ、一緒に釣りに行きましょう!」と…

                  でも、そこは人気店…こんなステキなお店なら、
                        今年は更に「暇なし状態」でしょうね (^^ゞ

                              ・・・そう、願ってますヨ (^_^;)




ミスマッチ?
       先日のクロ・デ・レアの余韻も冷め遣らぬまま、お手軽ワインへと手を伸ばしました (^o^)

      バローネ・リカソリ キアンティ 2010

      バローネ・リカソリのキアンティ・2010…ラフな感覚の味わいが また、良し! …です (^^)

  いかにもイタリアン・トラディショナルなタッチのエチケット・デザインも素敵ですが、
                    やや明るい赤のキャップ・シールも ほれぼれする程、美しい…

      美しいキャップ・シール

  ワインは 中身以外にも こんな楽しみ方があり、大方の場合、
     中身のクォリティとエチケットのセンスは比例している様な気がします(あくまで僕の感想ですが…)
 
           D.O.C.G キアンティ       美しいエチケット

      …で、この「リカソリ男爵」のお供にと、出してみました…お気に入りの皿!?

              ワインと皿の相性?       欲しかった皿

   僕の大好きな「キイロイトリ」…チョッとブタみたいな鼻がカワイイ、リラックマ・ファミリーのキャラクター
                 この春、ローソンのシール30枚を集めて もらった皿です!

     ワインと比べると ナンか浮いている様な気もしますが (^^ゞ

         ???

               どうです? 盛り付けてみると ナカナカいいでしょう? (爆)




フキノトウ
         茶路の鍛高(タンタカ)から採って来たという フキノトウです (^o^)
               旬の食材が届くと 厨房も活気付きます!
   待ちに待った 春!

早速、丁寧に、そして素早く、フキノトウを掃除(業界では、下処理の手入れをする事を こう言ったりします)

                    フキノトウの掃除?

                    汚れをチェックしながら、料理の用途別に 大きさを分けます (^o^)
          お浸しや揚げ物、また、料理のアクセントに使いますが、もたもた掃除していると、
                         厨房の室温で ツボミが段々開いてきちゃいます (-_-)

    こうして 下処理したフキノトウ…今日は 天ぷらで登場し、お客様に 春を楽しんで戴きました♪

    季節を揚げる…

            旬の天ぷら

  春の山菜が持つエネルギーが、ほろ苦く心地良い味わいとなって 僕たちを楽しませてくれます (^-^)
                  ウドやタランボ、行者ニンニクも もう少しですネ !




美食の迷宮
      Yさんから 美味しいワインと料理の 素敵なお誘いがあり、喜んで参加して来ました。

        輝けるワインたち

      安藤シェフの料理を楽しみに 会場のレストランへ向かいましたが、
                         主催者Mさんの用意されていたワインを見て 超ビックリ (>_<)

        オープニングは、輝く黄金色に 甘い蜜の香りも豊かな アンジュ・ブラン'01
                  輝けるワインたちへ 期待を上回る道案内を果たしてくれました (^^) 

       続く白は ブルゴーニュの長熟タイプを代表する コルトン・シャルルマーニュ'94
    18年の熟成を経た魅惑の 深い黄金色 … グラスからこぼれる香りの渦 至福のマリアージュ…

  ガストーラ Ⅰ      ガストーラ Ⅱ

        ガストーラ Ⅲ     ガストーラ Ⅳ

       お待たせの赤は 何と クロ・デ・レア'99 (^3^)/
    ヴォーヌ・ロマネ村のプルミエ・クリュを代表するモノポールと言った程度の知識しか無く、
    実際に飲むのは初めて…まさに憧れの クロ・デ・レア 
      …で、豊かなグリセリンのラインに ときめく期待を抑えながらグラスを近づけると、
     大きな薔薇の花束を抱いたようなアロマの香り、香りの奥から伝わるバランス良い豊かなブーケ…
         …香りの衝撃に なかなか口に含めず、暫し 心地良く 香りに酔ってしまいましたぁ 

                ガストーラ ローストポーク・ブロック

        次々に襲い来る?衝撃のワインと料理に…僕といえば、美食の迷宮を彷徨うオヤジ状態…

      叫びたい程の感動を、このクラスのワインを飲み慣れているMさんやYさんに隠しながら
    ワインはいよいよクライマックスの クロ・デ・レア'67 って、   45年前のぉ~ (>д<)
               僕、中学2年生の時に収穫されたピノなんだぁ~ (@_@)

     …で、コメントは…
    懸命に言葉を探しましたが、刻々と変化する香りと味わいの素晴らしさに平常心を失い、
                          表現が安っぽくなりそうで…(ソムリエ失格)

     ただ、一番印象的だったのは 素晴らしい香り … 
      良好に熟成したピノがもたらす花園のような香りは 以前飲んだリシュブール'96と同じ種類の感動!

         ガストーラ Ⅴ     ガストーラ Ⅵ

       メインのローストに含むポークの優しく甘い旨みと なめらかで深い円熟した味わいのワイン…
         このワインに対して 良く考えられた安藤シェフの料理に 至福の満足感を得た夜でした。

              機会を与えてくれた Yさんと Mさんに 大感謝です。



余韻のラーメン
     今日(もう昨日)の定休日、2月以来、久々に行って来ました!
                ラーメン激戦区の芦野で名店の豪壱です (^-^)

      豪壱の朱坦々

        僕はいつもの朱(あか)坦々麺

             相変わらずの 緊張感溢れる麺の茹で具合、湯きり、盛り付け…
山椒の香りも心地良く、當り胡麻やナッツ等の色んな味わいが味噌と交じり合って独特の深みとなっているのに
くどく無く、なのに余韻が長く続く不思議な魅力の坦々麺…

     昨日のニュースじゃ無いけど、ミシュランに載ってもおかしくない、完成度の高いラーメンだと思います。 


            豪壱の海老白湯麺

         食いしん坊?のカミさんも豪壱のラーメンが大好きで、いつもは黒坦々麺を食べますが、
             今日は 芦野店限定の新作 海老白湯(パイタン)麺にトライ!
   海老の殻のエキスが豊かに感じられ、海老好きの日本人にとっては たまらない味わい…と、
                          感動しながら一気に食べちゃいました (^_^;)

従来のメニューも いつも安定した美味しさで提供し、且つ、新しい試みも続けて行くお店の姿勢には頭が下がります。

           う~ん、こうしてコメントしている内に また食べたくなって来ちゃいましたぁ(笑)




オヤジ・ワイン会
        火曜日の夜…ゾロゾロと集まったオヤジが9人…
                        オヤジ・ワイン会です (^^ゞ

           オヤジ・ワイン会
       ブログに載せるので「顔を出したくない人は 向こうを向いて!」と言ったら、
    「別に構わないゾォ!」と全員カメラ目線…プライバシーを放棄したオヤジたちの写真です (-_-;)

         気の合うオヤジたちが集まって、ワイン片手に 旬の料理とオヤジ・トーク

   用意した9本のワインでは足りず、「オーナー差し入れ!」と半ば脅迫的?にシュプレヒコールし
              更に2本の高級ピノを追加させた 図々しいオヤジたちです(爆)
 
   こんな図々しいオヤジたちのリクエストに応えた この夜の料理は?

   酪恵舎モッツァレッラのカプレーゼ     酪恵舎トーマロッソとキノコの春巻
  M君持込の酪恵舎モッツァレッラを使って…      酪恵舎トーマロッソとキノコの春巻   

       自家製ベーコンのポパイ・サラダ     春のピッツァ
         自家製ベーコンのポパイ・サラダ               春のピッツァ

   自家製ベーコンとニラのパスタ     茶路めん羊牧場産ラム肉と酪恵舎チーズのコロッケ
      人気の ニラとベーコンのスパ       武藤さんのラムと 酪恵舎チーズのコロッケ                             
       2種類サラダのガーリック・トースト      知床鶏もも肉のコンフィ
        2種類のディップとガーリック・トースト             知床鶏のコンフィ

                      エゾ鹿肉の菜園風ロースト
                    Mさん差し入れのエゾ鹿肉で、菜園風ローストを…

           この夜の赤ワイン
                1,000円台の低価格ワインを中心に用意した赤…(白4本は撮り忘れ)
     特にカベルネ・ソーヴィニヨン4種の飲み比べは 楽しい企画だった様子…
             こうして 同時にテイスティングしてみると 違いがハッキリして
                 普段は 質より量というオヤジたちも「フムフム」と楽しそうでした (^o^)

         しかし、7時にスタートしたこのワイン会…終了したのは12時直前 (-_-;)
     終了間近には 夜食に「エゾ鹿のシチュー」までリクエストするという…
                          恐るべし オヤジ・パワー なのでありました(涙)






庭の 春一番乗り!
          東京は桜満開だとか…(-_-;)

          北海道の桜は まだまだ あと1ヶ月くらいかかりそう…
               気になって庭へでてみたら、お~、出てました … 福寿草が!

        庭の福寿草

 もうスグ 咲きそう♪
庭の中でも 一番日当たりの良い場所で…しかも大きな石が太陽熱を反射し、熱を蓄えてくれる場所 …
           福寿草も ちゃんと判っていて、ここが毎年の指定席 (^o^)

      太陽と石ころの関係って…なんか、モーゼル、ベルンカステル地区のシーファーや、
                 シャトー・ヌフ・デュ・パフのブドウ樹と原理が似てますネェ…

                       やはり、自然は 偉大です!




環境に 感謝!
         白糠一のエゾ鹿ハンター(と、いう事は日本一!)Mさんの依頼で、
                        Mさん出席の宴会にエゾ鹿肉のローストを…

        エゾ鹿肉のロースト作り
      素晴らしく完璧に処理された大きなもも肉の表面をソテーし、中身の旨さを封じ込めます

 厨房中に いい香り…
       4kgほどの鹿肉を焼き始めると、厨房中が いい香り …

          オーブンに入れ、低温でジワジワと中まで加熱して行きます。

      付け合せの野菜も一緒にグリルし、素揚げや湯通しした野菜と一緒に盛り付けて、
                        さぁ、どうぞ (^o^)

           エゾ鹿肉の菜園風ロースト

                パーティ・スタイルの一品…エゾ鹿肉の菜園風ロースト

               こんなに美味しいジビエが手に入る環境に 感謝 です (^^)




嵐のワイン
        全国的な春の嵐…   道東も雪→みぞれ→雨と、荒れまくりましたが、
                        その嵐のさなか…美味しいワインを飲んでましたぁ (^_^;)

         嵐のワイン

     気になっていたワインが手に入ったので、すぐ飲もう!…と言うわけで、ソバリエさんと
    釧路川沿いのベルジュ・エーワンで待ち合わせ (^^)

 僕たちが期待していたのは 「まるでモンラッシェ」 (ホントかっ?)というフレコミのワイン…
                      カリフォルニアはサンタルチア・ハイランド、パライソのシャルドネです!

         嵐のワイン 2

      熟成したボーヌのシャルドネを想わせるナッツやアーモンドの味わいに加え、
   南のワインらしいトロピカルなニュアンスが このワインを より複雑で豊かなものにしています。
窓の外は嵐でしたが、パライソの高いアルコール度数は 僕たちを饒舌にし、楽しいワイン談議となりました!
            お手頃な価格以上の 高いクォリティのワインに 大満足…

     ワインを引き立ててくれたエーワンのプレートと、店長の大和田さんの心遣いにも感謝です m(_ _)m




大エビの紅白盛り
  歓送迎会シーズンも 折り返し … 転入者やルーキーを迎えての歓迎会が増えて来ましたぁ (^-^)

         エビの紅白盛り

 はまなすの宴会では 地場食材を多用した料理を心がけていますが、スタンダードなメニューも並びます。

            スタンダード・メニューの中でも人気なのが この「大エビの紅白盛り」

         エビマヨとエビチリのコンビネーションによる紅白のカラーリングがメデタイのか? 
                 それともやっぱり日本人はエビ好きなのか?
        理由はともあれ、若い人から年配まで、あらゆる世代に歓迎されるメニューです (^^)

          通常のメニューには載っていませんが、ご希望のお客様は お申し付け下さい!
                    喜んで お作りいたします (^_^)



誰の為の 御土産?
           出札の折、忙しい合い間を縫って チーズを仕入れて来ました! 
          ( 実は チーズ好きのカミさんへの機嫌取りも兼ねて…(^_^;) )

      三越のチーズ・コーナー

今回は 三越の地下、チーズ・コーナーでアレコレと…

 秋にここへ寄った時は、居並ぶ外国産の銘チーズを押しのけて、中央のメイン・スペースで 
三友さん(中標津)の「山のチーズ」を山盛りにしてカット・販売していたのを 嬉しく思ったものでした (^-^)
 
 買い求めてきた3種類のチーズを ワイン&カミさんの笑顔?と共に いただきましたぁ (^o^)

カマンベール・ド・ノルマンディー
  カマンベール・ド・ノルマンディー  白カビ・チーズの定番ですが、やっぱり、美味しい!
マッシュルームのような香りの表皮とコク深い中身…塩味のバランスも最高!

              タレッジョ
           タレッジョ … イタリアを代表するウオッシュです。
     所々に付いている自然の青カビが いい感じで、ねっとりとした熟成感と香り?が たまりません!


      サント・モールド・トゥーレーヌ
    そして、今回…一番期待をして求めたのが このチーズ!
中心にワラの入った木炭粉まみれの姿もユニークなシェーブル…サント・モール・ド・トゥーレーヌ

その独特の姿から、シェーブル好きとしては 以前から気になっていましたが、とうとう、ゲット!

その外観とは大きなギャップで、ミルクっぽいマイルドな味わい
シェーブル(山羊乳製チーズ)独特の酸味が、周囲を覆っている木炭粉によって中和され、
とても食べ易くなっていました (^^)

 これらの個性的なチーズを楽しむ為のチョイスは とても1種類では無理…
シノンルージュもシードルもというワケにも行かず、結局この夜のお供はこのワイン…

              ボルドー、ブライエのワイン…Chペルンヌ’08

           Chペルンヌ’08
            深いルビー色が美しい、ブラック系の複雑な香り…
       若さゆえ?の荒々しい強いタンニンが ジビエ好きの心を揺さぶります (^_^;)

             美味しさのマリアージュに すっかりいい気持ち…
      ついつい 手が出るチーズ … 何故か?チラ見するカミさん …

そうそう、このチーズ…カミさんの為の御土産だった事、すっかり忘れて食べまくっちゃいましたぁ (^^ゞ




サッポロ…ワイン出張(Ⅲ)
    サッポロ、2日目はJSA(日本ソムリエ協会)北海道支部の第1回例会出席の為、ノボテル札幌へ…
            渋谷マスター・ソムリエのお出迎えに恐縮し、例会場へ入りました。

            ソムリエ協会の例会は いつも必ず
        有名ソムリエによる講演とテイスティング・セミナーがあり、とても勉強になります。

         JSA北海道支部・第1回例会
今回は 全日本最優秀ソムリエ・コンクール優勝の 谷 宣英氏から コンクールに関する講演を交えながら、
     実際にコンクールで出されたワインのテイスティング・ガイドをレクチャーして頂きましたが
       さすが、日本を代表するソムリエ … もの凄い勉強と経験量で、感心しましたぁ (-_-;)


さて、この夜の食事に向かったのは…?

                オステリア ヨシエ

                     二条市場横の「オステリア ヨシエ」
     ここは 席数3~4組のコンパクトなスペースのお店で、厨房とお客様が同じ空間で向き合える、
              ワンマン(独りで全てを行なう)シェフにとっては 理想のお店…

サクラマスのレア・スモーク富山産ホタルイカホッキ貝のグリル
    サクラマスのレア・スモーク           富山産ホタルイカ            白糠産?ホッキ貝のグリル

        新物のヤングコーン      グリーンアスパラとトリュフのパスタ
          新物ヤングコーンの蒸し焼き            グリーンアスパラのカルボナーラ

自然を愛する釣り好きの吉江シェフらしい、素材の持つニュアンスを重視したナチュラル志向のイタリアン…
食材本来の味わいを感じながら 飲むワインも最高!

この夜は、シェフの優しく柔らかなタッチの料理に合わせて、グラスワインも タッチの柔らかいフラスカーティを…

   ちなみに厨房セコンド兼ホール・スタッフとして頑張っているU君は 白糠町の出身で、
       僕も良く知っている好青年。
                   未来のシェフを目指して頑張っています。



                          ●●● お ま け ●●●

                        この日のランチは コレッ! (^_^;)

                牛丼・チーズカレー
                        吉野家の「牛丼・チーズカレー」

                       こういうのも…結構、好きです (^o^)






プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する