はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
美食の迷宮!?
 昨日は楽しいオフ会…8名のメンバーで盛り上がりました(^o^)

 今回のオフ会のテーマは「美食の迷宮!?」・・・しかし、提供する料理とワインのサービスに追われ、
肝心の料理写真を撮ってないッ!
(いつものコトですが…)   とりあえず、飲んだワインの報告を…(-_-;)
                    オフ会の7本
    右から ①泡の登場…スペインのカヴァ、 セグラヴューダス
         ②同じく  …カヴァ         ドゥーシェ・シュバリエ 
         ③ローヌの白…パラレル45  2007
         ④ローヌの赤…コート・デュ・ヴァントー2005
         ⑤アルゼンチンの赤…パスカル・トソ ~カベルネソービニヨン2006
 そして2本はkickさんの差し入れで、
         ⑥アルゼンチンの赤…サンタ・アナ~マルベック2008        
         ⑦ボルドーの赤…Chペイ・ラ・トゥール2006

料理の写真は後日入手の上アップしますが(^_^;) メニューだけでも…
①とれたて白糠産・紅ズワイ蟹の浜茹で~バルサミコ酢を添えて
②酪恵舎モッツァレラと魚貝の菜園風サラダ
③雪裡川の○○○鱒のムニエール
④庶路産エゾ鹿肉と 茶路めん羊牧場産ラム肉のロースト
    ~酪恵舎リコッタサラータ・フランス産岩塩・ホースラデイッシュ・ボルドレーズソースを添えて 
⑤阿寒ポークのスペアリブ~酪恵舎モッツアレラ入りキタアカリのコロッケ添え
⑥ガーリック・トースト
⑦十勝牛の頬肉のシチュー~プチヴェール添え
⑧焼き野菜のペペロンチーノ
⑨はまなす自家製プリン 

 というわけで、ゴージャスと笑いとが交差しまくりの実に楽しい夜でした…参加して下さったブロガーの皆さんには大感謝デス(^-^)

とりあえず、フラッシュ版の報告でした!  料理写真は後日…(^^ゞ      

白いブルーベリー・プリン
 はまなすのプリンがデビューして約1年…
この間、白いチーズプリンから始まって、黄色いチーズプリン生キャラメル・プリン…と、バリエーションも増えて3種類に…プリン三兄弟として親しまれ可愛がって頂きました♪

 おかげ様で この1年間、実に多くのお客様に…そして随分遠くのお客様からも 御注を文いただきました(感謝)

 そこで、更にグッドニュース!  昨年の夏から時々お目見えしていた幻のプリン?白いブルーベリー・プリンが、4番目のプリンとして ラベルも新調し 今週から正式にデビューですっ(^o^)

                     4種類のプリンたち
 上茶路のツリーハウスの管理人、横田さんが育てて 一粒づつ手摘みしたブルーベリーを、はまなすの厨房でジャムにして、白いチーズプリンに乗せたものです。 

                     白いブルーベリー・プリン
 白いチーズプリンの ムースの様になめらかでクリーミィーな味わいに、手作りのブルーベリー・ジャムの爽やかな甘さが交じり合い「お~、デリシャス!」
 添加物や保存料の一切入っていない 白糠の自然の恵み100%の贅沢なプリンです。
 
 レストランでの食後のデザートに、ご家族や友人へのお土産に…是非、可愛がって下さい(^-^)
 

 

菜園風サラダ
 待ちに待った 3月…知らず知らずの内に 気持ちはワクワクしているのかも?

春休みで帰省して来た娘との晩酌?用に、こんな春らしい一皿を作ってみましたぁ(^^ゞ

                   春待ち菜園風サラダ
                  名付けて「春待ち・菜園風サラダ」?

 厨房中の野菜をかき集めてアレンジ…調理と言っても、素材を尊重して ほとんど そのまま…野菜の特性に応じた大きさや厚さにカットしたり ちっぎったり…結局、新鮮さが何よりの調理?方法です。
 それぞれの野菜本来の甘みや苦味、香りや食感が、控えめなドレッシングに引き立てられ、菜園の様な賑わいで 舌を楽しませてくれます(^o^)

      中でも好評だったのは、最近 好んで使っている この野菜…アイスプラント
                   アイスプラント
        この みずみずしさとシャキッとした食感、舌触り・・・ほのかな塩味…

 誰もがハマる 魅力的な美味しさ…視覚的にも優れ、特に葉っぱの表面にビッシリと付いた水滴のようなモノが みずみずしい爽やかさを演出してくれます。
 そこがきっと、この名前の由来でもあるんでしょうネ!

 こんな色々な野菜を それぞれ ワインと共にじっくりと味わいながら、娘と晩酌する春待ちの夜…
これをシアワセと言わずして、何をシアワセと言うんでしょうねぇ(微笑)
 
        …晩酌の後半は テーブルに顔を乗せ、居眠りの おさchiefでありましたぁ


                      ●●●お ま け●●●
                菜園風サラダの お供は…チョッと頑張って…

        ジョセフ・ドルーアンのシャブリ・2006      キンメリジャンの贈り物

偉大なワイン
チャンスというものは、いつ、何処から転がり込んで来るのか…
 運命の女神は いつ 微笑みかけてくれるのか…
全く予測も期待もできない現実の日々ですが…(^o^) 来たんですヨネぇ…女神が…突然…

              偉大なワイン…DRCのリシュブール・1996

                     リシュブール&ピュリニー・モンラッシェ
             こんな偉大なワインを飲めるチャンスが来るなんて…

このワインのオーナーで太っ腹の(ご本人はスマートですが…念の為…)お客様に、 テイスティングの同席を誘われちゃったんですよぉ!
 って、すごいお値段のワインなんですよぉ~1本ウン十万円…ヒャァ~なんてラッキー(狂喜!)

 こりゃぁ僕も張り切らなきゃぁ…と言う事で、お供の白ワインの提供と、この2本にマリアージュすべき料理…
頑張りましたぁ!

        ピュリニー・モンラッシェ1997     12種類のチーズ     白糠産・ホッキ貝と サロマ産・帆立のグリル
 このクラスは前座?も豪華に       チーズもバラエティに      ミネラル豊かな白糠産の
 ピュリニー・モンラッシェ・1997     ハードやウォッシュを12種類  ホッキとサロマの帆立のグリル

 リシュブールへの期待を高めるべく、前座(モンラッシェに失礼?)からして、リッチにスタート!
でも、あまり食べ飲み過ぎると、偉大なワインへの舌が狂ってしまうので、抑え気味に…
 …ったって、前座にピュリニー・モンラッシェも、凄すぎデス (@_@)

 適温の12℃に保たれ、ハツラツとした黄金色の輝きに満ちたピュリニー・モンラッシェは ほのかにナッティでコク深く なめらか…これだけでも充分に主役級の偉大な白ワインを前座?に、旬の魚介とチーズ…ワイン談議にも花が咲いて、参加者4名のテンションと期待感はグングン上昇…そして 満を侍しての登場が…

           DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)のリシュブール・1996 

                       DRCリシュブール1996

 一時間程前にコルクを抜いた時、その瞬間にボトルから漂い出た濃密なブーケ…

その期待感を抱きながら 遂にグラスへ注げば…う~ん、理想の環境で時を重ねて来た赤ワインのみが放つ レンガ色を帯びた深いガーネットの輝き…
 ど、ど、どうする、俺ぇ~?と ばかりに興奮気味の気持ちを抑えて香りのボールへ顔を近づければ…トリュフ、なめし皮、薔薇、…数え切れない程のキーワード…厚みの深い、まるでコニャックのような上品で芳醇な熟成香の持続…言葉を失い、たまらず ひと口…

 チョッと冷たい15℃の提供温度にして 鮮明なアタック、 密度の高いベリーやカシスを想わせるビロードの舌触り…ボルドーの様な渋みでもなく、酸味でもない…かと言って単調ではない非常に複雑…なのに雑味の無い 澄んだエクセレントな味わい…いつまでも続く余韻…「素晴らしい」の一言!
 結局、押し寄せる香りと味わいの渦の中で 的確に表現しきれず 言葉を失った至福の瞬間でした  (^o^)

     そして この超・偉大なワインの為に 急遽、僕が用意したメインは コレッ!

                    鴨肉のステーキ
                  鴨肉のステーキ~ボルドレーズ・ソース

 偉大で繊細なピノノワールとのマリアージュは、やはり上品で味わい深い鴨肉を、しかも同じワインベースのボルドレーズ・ソースで…
 これは バッチリのマリアージュをしてくれたと、参加者全員、大満足!

 幸福感をユルユルと噛み締め至福の海に浸りながら、室温と共に変化して行くリシュブールに溺れ、
こうして夢のような時間は流れて行ったのでしたぁ♪

          こんな貴重な機会を提供して下さったお客様のTさんに『感謝』ですm(_ _)m


                      ●●●お ま け●●●

              宴のあと・・・
                    リシュブールのコルク



プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する