はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
事後報告ですが…
 ワインセミナーⅡの報告を…と、思ったのですが、
写真を撮りそこねちゃいましたぁ(涙)
従って、後日撮り直した写真での報告です

 まず、この夜の主役たち…
               この夜の主役たち

 白ワインは
①イタリアのアブルッツオ産のトレビアーノ2006…ドライな切れ良い感じが 相手(料理)を選ばず、素敵です。
②アルゼンチン・サンタアナ社のメンドーサ・シャルドネ2007…ほのかな甘みと ふくよかなボディ…(実は、このワインはストックが無いので写真無し!代わりに僕の大好きなチリのコノスルのシャルドネを並べましたぁ…これも 美味しいワインですよぉ)
 赤ワインは
③南フランスのヴァンド・ペイ・ドック ジャンヴァルモン社のカベルネ・ソービニヨン2007…コルクを抜くと同時に香る華やかなアロマ…さすがに 南のパッションを備えたワインです。
④イタリア・ピエモンテのブリッコ・マーニョ2004…あのバローロと同じ、ネッビオーロという葡萄品種から作られた 深いルビー色の美しいコク深いワインです。

 そして、この夜の料理たちは…というと、写真は 撮り忘れ…
メニューだけの報告ですが、
①白糠産のミズダコと地場野菜のカルパッチョ~柑橘風味のドレッシングで
②白糠産のサンマの自家製スモーク~バルサミコ酢をアレンジして
③釧路・新橋パンマルシェのライ麦パン、パン・ド・カンパニューとバタール
④秋ナスと小エビのパスタ
⑤獲れたて白糠産・秋鮭のムニエル~アメリケーヌ・ソースで
⑥十勝牛の網焼きサーロイン~3種類のエッセンスを添えて
⑦酪恵舎の新しいチーズ「トーマ・ロッソ」をアツアツのラクレットで

 写真無しでは 悔しいので、⑦のラクレットを自宅で再現してみましたぁ(笑)  
ラクレット
 こんな感じでアツアツに溶けたトーマ・ロッソをバタールの上に乗せ、最高の状態で ワインと一緒にいただきました!
勿論、参加者全員 お代わりです(驚)ホントにウマイ~ッ!
ラクレットの出来上がり
 これはハマリますねぇ…料理も パンに乗せるだけなので ホントにラクレット…(^_^;)
好評だったので、近々またラクレット・パーティでも…と、思ってます。お楽しみに!

 突然の案内にも係わらず 参加して下さった20名の皆さんと、素敵なリードで皆を楽しませてくれた銘ソムリエの菅原先生に感謝です!

次回はボージョレイ・ヌーヴォーの解禁日、11月の第3木曜、20日の夜7時より第67回目のワイン会を開催の予定です。
 何と、珍しい15リッターの木樽入りボージョレーを飲みます!
樽の香りも素敵な 超美味しいヌーヴォーですよ、是非、参加を!



!緊急告知!seminarⅡ開催!
seminar2

レストランはまなす presents !  ソムリエさんを招いての『初級ワインセミナーⅡ』を開催致します。

前回とてもご好評をいただいた「初級ワインセミナー」ですが、私、おさChief もレベルアップのため、日夜、ワインを飲み続け、菅原先生のセミナーにも新たに通っております。
そこで出合った素晴らしいワイン達を是非、ご紹介したく、ボージョレの解禁前の前哨戦として第2回目のセミナーを急遽ではありますが開催いたします。

前回にも増して、経済情勢は厳しゅうございます。
私、おさChief は皆様の味方でございます。今回は前回より会費を低くして開催ですから、奮ってご参加くださいぃ!!

「ワインと食べ物を一緒に飲食して、相乗効果でおいしい組み合せ」・・・ワインって高くなければいけない?肉は赤、魚は白?、いえいえ、お安いワインでもとても美味しいワインが沢山あります。産地も色々、料理に合うワインが沢山。

セミナーと名付けましたが、気軽に飲める、安くて美味しいワインの見つけ方講座です。菅原先生も前回同様、フランクにワインのお話しをしていただけます
是非、お気軽にご参加いただければ幸いです。

☆と き:9月25日(木) 午後7時から
☆ところ:レストランはまなす 地下パーティールーム
☆会 費:お一人様 4,000円
☆お申込:レストランはまなす(電話01547-2-2188)までお申込ください。
 ・用意もございますので、遅くても9月24日までにはご連絡ください。
 ・お店宛のメールでも構いません。

講師紹介:

菅原 敏美 氏(ホテルパコグループ シェフソムリエ)

1999年 ポメリーソムリエスカラシップ ファイナリスト
2000年 第1回世界利酒師コンクール 準優勝
2001年 オーストラリアソムリエグランプリ ソムリエ部門3位

東京のホテルを皮切りに札幌、カルフォルニア、フランス各地で修行。
東京都内の超一流店にてディレクトールとシェフソムリエを歴任。
フランス味覚研究所にてジャック・ピュイゼ教授に師事。
情報誌「ワイン王国」のレギュラーティスターとして、紙面で活躍した他、日本ソムリエスクール、利酒師・酒匠呼称制度の専任講師などを務められ、2007年より現職。




秋鮭のクリーム・パスタ
 旬の魅力は大きいですネ…今月に入って、レストランで人気なのが 地元・白糠産の鮭を使った料理…
その指名率のトップは、スタンダードだけど根強い人気の「鮭フライ定食(イクラ付き)」…たっぷりと添えられた自慢の自家製タルタル・ソースも好評です。次はジェノベーゼ・ソースを添えた「鮭のムニエル」…
 
 この人気に応えるべく、今年は先週から 鮭のパスタ類も登場させました。
イタリアンで鮭のパスタと言えば、定番は「サルモーネ・アッラ・パンナ」…鮭と生クリームのハーモニーが美味しいパスタです。
                 秋鮭のクリーム・パスタ
はまなすでは これに地元・茶路産のササゲとトマトを加えてアレンジしてみました。
炙り焼きして生臭さを除き 食感と香りを高めた白糠産の秋鮭と、口当たりをアッサリに仕上げたクリーム・ソース…一緒に加えられたササゲのピキピキとした食感とトマトの酸味のアクセントが 頬を緩ませてくれるはず!
 是非、お試し下さい(^-^)

鍛高譚のふるさと…
 久々に茶路川で ヤマベ釣り…
途中、狙っていた鍛高でのショットです!
               広大に広がる 平賀さんの紫蘇畑 

                  鍛高譚のふるさと
           今が見ごろで、もう 刈り取りが始まっていました。

 あの紫蘇焼酎『鍛高譚』の原料になっている 白糠・鍛高地区の紫蘇です。
濃い紫の葉が たわわに実り、かすかな初秋の風に ゆらゆらと…
                  鮮やかな紫蘇の葉
 『紫蘇焼酎・鍛高譚』専用に育てられている 平賀さんの この紫蘇は、香りが強く その持続性にも優れた品種へと改良された特別な紫蘇…努力の結晶です。

 はまなすでも 平賀さんにお願いして 香りの素晴らしいこの紫蘇を分けて貰い、自家製ドレッシング等を作っています。
      自家製 鍛高紫蘇ドレッシング
 シーフード・サラダや野菜サラダで お試し下さい(^-^)


                                ●●●お ま け●●●
                                   ミニ写真入りボードメニュー
    お客様のリクエストにより、小さいながらも ボードメニューにも料理別に写真を付けましたぁ(^^)

ブルーべりー・パイ
 上茶路の横田さんの育てているブルーベリー
7月末にやっと迎えた収穫期も もう終盤にさしかかって来た様子で、今はせっせと 冷凍やジャムでの保存に努めています。
 結構 貯まってきたので、今年はシーズンオフにも ブルーベリーの料理が提供出来そうデス(^-^)

 今年は 知名度もアップして 人気上昇中の 横田さんのブルーベリー…
レストランはまなすでも シェイクやシャーベット、プリンなど色々なスタイルで登場中ですが、「ブルーベリーの素晴らしい香りと 本物の粒々感がたまらない」などのコメントを頂き、お調子モンのコックとしては またまた顔をほころばせています(笑)
 横田さん、有難う!

 夏はシェイクが人気でしたが、9月に入ってからはパイのオーダーもアップしてきて、今日も今、慌てて焼いてますぅ(汗)
                      ブルーベリー・パイ
 秋の国道392号線、ノンビリとした上茶路をドライブがてら 横田さんと僕の作ったパイでも食べに来ませんか?


       ●●●お ま け●●●
        これは ナンでしょう?
       ローズマリー
 特に ラム肉との相性バツグンのハーブです…
        そう、ローズマリー
自家栽培でチャレンジ…うまく育ってくれましたぁ\(^O^)/(嬉)



プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する