はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
臭い?仲間たち
 美味しいモノに 臭いものって、結構多いですよネ!
チーズは その代表格…臭いチーズも数々有りますが、それぞれに臭さ加減も香りも異なり、更に ワインや料理との相性となると…また、楽しみが広がります。

 我が白糠が誇る酪恵舎のウォッシュ・タイプチーズの優等生『ロビオーラ』も、僕の大好きなチーズのひとつで…これを溶かして料理していると厨房のスタッフから「誰か、古い靴下履いてるゥ?」なんて、冗談が飛び出すほど…(笑)
 でも、みんな大好きなので、鼻をヒクヒクさせ、食べたくて仕方ない…といった様子(^_^;)  素敵な臭さです!

 先日、僕の○○歳のバースディ・プレゼントにと カミさんが噂のチーズをプレゼントしてくれました(結局は彼女が半分、シッカリ食べたんですが…)
 冬季間の限定で楽しめるスイスの銘チーズ『ヴァシュラン・モンドール』臭い?仲間たち

 モミの木の皮を巻いて作られたこのチーズは、チョッといいお値段だけど、クリームの様な なめらかさと樹皮の香りが…微妙(^-^)
 スプーンですくい、フランスパンにのせて、赤ワインと共に 美味しく楽しませて戴きました。
遙かスイスの銘チーズが、東洋のこんな片隅で味わえる喜びと不思議さと有難さ…チョッとそんな事、思ってみたりもしました。

 もうひとつ、今回感動したのは 頂き物の『熟成乾燥ソーセージ』
キュルノンチュエという 飛騨高山の山村の燻製工房で作られた、白カビをまとった絶品のドライソーセージで、これも独特の香り?
 伝統のフランス修行の技法とのことでしたが、口の中でほぐされ、味わいを増して行く様は、『重ねられた時間のマジックを持つ食べ物』独特の旨さでした。

 この歳?になって、また、新しい臭さを知ってしまった僕ですぅ(笑) 

愛食SNIPER☆
私はスナイパー?

昨日、本日の北海道新聞と釧路新聞の折り込みで、皆さんのお宅に届いたフリーペーパーの「fit」(釧路・旭川エリア)と「えぷろん」(釧路・根室エリア)に、我が白糠町自慢の食材「地卵」と簡単ソースレシピが紹介されました。
恥ずかしながら、私も地元食材紹介の最終ランナーとしてお手伝いをさせていただきました。
高橋農園さんの卵は、本当に滋味に溢れて食材として一級品です。家庭でもっと美味しく味わっていただくための「ヒント」になればなぁと思っています。失敗しないふわふわオムレツの作り方を紹介しています。
「fit」の方では、お食事券のプレゼントもやってます。

こうやって少しでもメディアに白糠食材が露出することで、マチも元気に見えるし、本当に元気になっていくと思ってます。
食材を「狙い撃ち」…確実に美味しい料理に仕留めるスナイパー…田中クニエとモミアゲのあたり共通点ありません?ゴルゴって。(笑)

近いうちに違うメディアで、我が『レストランはまなす』がチッチャくですが紹介される予定です。楽しみにしていてくださいね。


楽しい?仕入れ
 冬の仕入れ? …ハイッ! 地場食材の調達?ということで、行って来ました…阿寒湖のワカサギ釣り!
阿寒湖上のワカサギ釣り

 仕入れの志願者は はまなすのアイドル、ルーキーM君。
快晴の阿寒湖上で、雌阿寒岳を背に 初体験のワカサギ釣りに挑戦!
 して、釣果と言えば…次から次へと 大忙し(^o^)

スペシャル・ゲストに、ワカサギを追って来たアメマス君まで釣っちゃって…鼻高々のM君。
ワカサギを追って来た アメマスまで釣れて

 忙しいほどの仕入れ?のあとは、早速 テント内で試食(^-^)
釣りたてをシンプルに「塩振り焼き」で…
軽くレモンを絞りかけ、アツアツを いただきま~すぅ!
香ばしい、ワカサギの塩振り焼き

仕入れの成果?阿寒湖の このワカサギ…明日から はまなすの「天ぷら」で登場します(笑)
真冬のハーブ
 料理に欠かせないハーブ類…イタリアン・パセリやバジル、スペアミントなど…春から秋にかけては 店の周りの植栽の間などに植えていましたが、真冬のこの時期は ここ…店の出窓で雪景色を見ながらひっそりと暮らして?います。
イタリアン・パセリ

 時々、ハサミを持ったルーキーM君に少しずつ収穫?されて、料理のアクセントに…
 
 
 お店の皆さんの料理に添えられているハーブのほとんどが、イタリア生まれの白糠育ち?…他にも 自宅のベランダや 母の家の茶の間など…色んなところで仲間たちが 厳しい冬をちゃっかりと過ごしています。(笑)

 食事の際には チョッと出窓に目をやってみては…(^-^)
ホッキのパラダイス
 お待たせしました!予告どおりのアップで~す。
春を呼ぶ「白糠産のホッキと菜の花のスパゲティー」
ホッキと菜の花のスパゲティー

 スパゲティーや具材は勿論ですが、旬のホッキの旨みや 菜の花の美味しさのタップリ絡んだスープも  残さず飲んで欲しいパスタです。

 ホッキは生産地らしく 豊富に入っていますし、食感のアクセントとして「数の子」もトッピングしてあります。

 岩塩の甘みも 海の幸のスパゲティらしさを引き立ててくれています。  クルマじゃ無かったら、キリッと冷えた辛口の白ワインと一緒に、是非どうぞ!
 
今の季節の白糠を堪能できる、ジューシーな塩味スパです。
溢れる海の幸
山盛りの北寄貝

 バスケットいっぱいのコレは、何でしょう?(拡大クリックでどうぞ!)

…そうです!北寄(ホッキ)貝
 太平洋岸に広く生息し、白糠沿岸でも豊富に獲れる海の幸!

 一般的には今が旬!身がしまって肉厚で、ジューシーさはバツグン!
刺身は勿論、塩振り焼きやムニエル、サラダやパスタにまで幅広い応用ができる…特に、ちょっと加熱すると甘みと旨みが増す最高の食材です。

 でも、地元のある漁師さんに言わせると「子持ちは安心できないと言う人もいるけど、春先の 子持ちのホッキの方が好きダネ…刺身醤油が白く濁るくらいに 新鮮な子の粒がタップリ付いたホッキの刺身が一番!」と言う人も…。

 どっちが美味いとも決められませんが、どっちも美味いんでしょうネェ…優柔不断なようでスミマセン!実際、どっちも好きです (^_^;) 

 で、次回はこの旬のホッキを使った 今、お店で人気の旬のスパゲティをアップの予定です。

●●●お ま け●●●
ホッキに挑むルーキー君

ルーキーM君ファンの皆さん?へ…
彼の近況報告を兼ねて、ホッキの山と格闘直前のサービスショットをお届けします。

ショートパスタを楽しもう!
 料理を楽しくしてくれる要素…食材の新鮮さや旨さは勿論、器や道具だったり、
「旨い」のひと言だったり…ここに広げたショートパスタも その一つ!
ショートパスタ…いろいろ

 カラフルな色やカタチは、見ているだけでも心をウキウキさせてくれます。  
ホント、食べるのが勿体ないくらい…

 どれもイタリア産のモノですが、こういうパスタをデザインする彼らの茶目っ気と色彩感覚に感心します。

 定番のペンネやファルファーレに加え、ピサの斜塔やコロセウム、ドォモまで、この他にも実に色んな種類のショートパスタがあり、それらが今日も心を和ませてくれています。

 遊び心って、大事ですよネo(^-^)o

 

至福の正月
 アッと言う間に終わっちゃいました…我家のお正月…
 昨日の仕事始めと同時に すぐに現実の忙しさに戻されました(@_@)
良かった事と言えば…皆が健康で集まった事、少しノンビリできた事、美味しい物を食べた事! 平凡だけど、感謝に値するお正月でした。

美味しいものと言っても、せっかくの休日なので凝った事はせず、カットしたりするだけの簡単なメニュー・・・大好きなワインとチーズ、そしてローストしておいた肉類…これで結構、満足!
4種類のローストと…

 ワインはお正月らしく、チョッといいワインをセラーから…
セカンドラベルですが83年のムーラン・デ・カリュアデ、赤?のグラーブで86年のシャトーダニス…勿論どちらも長年保管し続けてきた愛着の2本でした。チョッと寂しい気持ちと期待感の入り混じった妙な気持ちで封を切り、皆でありがたくいただきました。

 ワインのタップリと浸み込んだ長く重いコルクを ゆっくり引き抜くと、「シュポン」という やや重い 湿度を含んだ音と共に、素晴らしいブーケが部屋中に…

 ワインと僕たちにとって、最高の瞬間…   あとは もう・・・です。

 このワインの為に、4種類のローストを焼いておきました。
勿論、白糠産のエゾ鹿ロース肉、茶路めん羊牧場のラム肉、阿寒ポークと道産牛…それぞれを比較し、ワインと共に口の中でブレンドする喜び。

 チーズも良かったぁ。
酪恵舎のロビオーラから、ペコリーノ、パルミジャーノ、ニュイドールにポンレベック…(結局、自慢か?(^_^;))

 スミマセン…結局、食べたもの自慢になっちゃいました(汗)



開け?まして三段重
  明けまして おめでとうございますっ\(^O^)/
 まずは はまなすの「おせち三段重」でご挨拶~
おせち三段重

 30日の夜から徹夜でオセチ作り…31日の正午に完成、出来立てホヤホヤのオセチを行き先別に分類し、午後から釧路市内で引渡し…
 毎年の事とは言え、超ハードスケジュールの年末で ダウン寸前…
でも、皆さんのオカゲです。有難うございましたm(_ _)m

 今年のオセチ三段重は 15,000円の価格もそのままに、33品目にアイテム数をアップ! して、その中身はと 覗いてみれば…

壱の重
壱の重は「和風」…日本のお正月に欠かせないスタンダードな品々14品目を、道産食材を中心にダイナミックに惜しげも無く詰め込みました。

 そして弐の重は…
弐の重
弐の重は「洋風」…サンマの自家製レア・スモークや道産牛のローストビーフ、グラタンなど…レストランはまなす自慢の洋風料理10品目の詰め合わせ。

 お待ちかねの三段目は…
三の重
参の重は「中華風」…阿寒ポークの焼き餃子やチャーシュー、八宝菜入りの春巻きや大エビのチリソースなど…人気の9品目のチャイニーズ・テイストを詰め込みました。

 バラエティな品々で食材の話題に話が弾み、お正月をリッチに過ごし、この1年へ向かうパワーとなって戴ければウレシイ…おさchiefです(笑)

   今年も宜しくお願い致します!




プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する