はまなすMASTERの新着情報☆
おいしいマチ…北海道白糠町発! 自然の恵みを1枚のお皿に。 レストランはまなすのオーナーシェフ[おさchief]から 季節や旬の地元食材を取り入れたメニュー情報、 食材への想いなどを エッセイ風に…
母の こだわり
沢山の花で お出迎え
毎年、花の季節が始まると 母はソワソワ…楽しそう。
 福寿草から始まって、ツツジやシャクナゲ、チューリップやスズランなどなど…次々と咲き誇る庭の花たちに負けじと、母は店の玄関周りにたくさんの花を植え、飾り始めます。
 これが半端な規模ではなく、店の中へ入る時は まるで花園へ入っていくような感じ(チョッとオーバーかな?)で、この花々の前で記念撮影をする人も…

 花がとにかく大好きな母が「お客さんを花で迎えたい」と、豪雨や強風の日には花たちを車庫の中へ避難?させるなど、トレードマークの麦わら帽子姿で 毎日こまめに水遣りと手入れを楽しんでいます。

 今年は春先にチョッと体調を崩したせいで スタートが出遅れてしまい、まだ例年の賑わいには達していませんが、これから次第に賑わうことでしょう。   お楽しみに・・・!

●●●お ま け●●●
珍しい、白いハマナス
レストランの玄関のハマナスも咲き始めました。
今年も「赤」より「白いハマナス」が先に咲きました。

おいしい卵たち
茶路の農道
最近すっかり自転車づいてしまい、娘のママチャリでアチコチ走り回ってます。
 お気に入りの散歩道は「茶路の農道」で、山沿いの緑の酪農地帯をカッコウやヒバリ、エゾセンニュウの喜びイッパイの鳴き声を聴きながら ノンビリ走って来ます。

途中、ウチのレストランで使っている卵の「高橋農園」があり、その横を通ると「クゥオ、ッコ、コッ、コッ…」と、放し飼いにされている鶏の声が聞こえ、おもわず自転車を止めて柵の中を覗いてしまいます。

 覗いていると、あちこちから鶏たちが人懐っこく 足元まで寄ってきて…きっと、高橋さんファミリーにすごく可愛いがられているんだナァ・・・と、察してしまいます。
 そんな ストレスの無い、放し飼いの鶏(ボリスブラウン)たちの産んだ卵ですから 旨いのは当然と納得して、再びペダルを踏み 帰ってきました。
寄ってくる鶏たち

 高橋さんの この卵…はまなすでは かつ丼や親子丼は勿論、オムハヤシやオムレツ、玉子サラダなどでテーブルに登場しています。

ザクザク…シャキシャキ…
ザクザク…ザクザク…
このニラを切ると、そんな凄い音が響きます。
ニラの名産地、我が白糠町・茶路地区の見事な太いニラです。
茶路産のニラ
このニラが厨房に届くと、ウエイトレスさんたちは ソワソワ、ワクワク…だって、皆んな このニラのスパゲティが 大好きで仕方ないんです。 これから暫く、まかないメニューに登場するのかと思い…ホントに皆んな笑顔になります。

勿論、お店のボードにも 季節メニューとしてアップされています。
ベーコンとニラの、アグリオ・スパ
食感素晴らしい茶路産のニラとベーコンで作った 醤油味のこのスパゲティは、「アグリオ」と名付けられ初夏の人気メニューになっています。   お得な892円で是非どうぞ。

父の こだわり・Ⅱ
 今年もまた、凝り性だった父が大好きだった鰻(うなぎ)の季節がやって来ました。季節初めての鰻に串を打つと、やっぱり決まって、父に叱られつつ串打ちに励んだ昔を思い出します。
 僕も父も 若かった…。
うなぎの串打ち

 鰻好きの父は 食べる事は勿論、その調理方法もこだわり…「割(さ)き」から「串打ち」、「焼き」に至るまでの全ての工程で、僕に厳しい指導を重ねました。
 良く寝かせた秘伝のタレも その昔から今日に至るまで、少しずつ加え 注がれ続けて来たものです。

 活きのいい、活の鰻にこだわり、鰻にはやっぱりコレ!…とお吸い物の「肝吸い」のダシから微妙な塩加減まで…とにかく、こだわりまくりの鰻好きでした。

 割いたばかりの鰻の血を、手も凍るような氷水で素早く洗う…
 二身に切り分け、皮と身の間のギリギリに 4本の串を打つ…
 カンカンに熾(おこ)した炭火で 白焼きにする…
 
 シャワシャワと心地よい 鰻の身の焼ける音…
 パチパチと心を刺激する 鰻の皮の焼ける音…
 程よく焼かれ、ふっくらと膨らみ、にじみ出る旨み汁…

 美味しさに こだわる…自分が食べたいと思う美味しさを追求する 父の姿勢を受け継いだ「鰻」です。
プリプリとした活鰻の白焼き

 ご注文を頂いてから急いで調理しますが、じっくりと蒸し、じっくりと焼き上げる為、最低でも20分以上のお時間を頂いています。

 「待つ」を 楽しんで頂ければ…と、思います。
過ぎ行く 旬
今週もまた 北見の契約農家からホワイトアスパラが届きました。
本当に素晴らしい美味しさで…もしかすると、僕が一番たくさん食べているかも?
 この旨さに頬を緩めながら…毎日毎日 土をかけてもらい育ってきたアスパラの気持ちと、育ったその大地にまで思いをはせてしまい、なぜか 豊かな気持ちになってしまいます。
 まさに「恵みに感謝」ですね!
ホワイトアスパラのソテー
前回アップした「ホワイトアスパラのクリーム・スパ」も好評ですが、この「ホワイトアスパラのソテー」もナカナカの人気で、 食べた皆さんは一様に「生のホワイトアスパラって、こんなにオイシイのぉ~!」と感動してくださり、お調子モンの僕を喜ばせてくれます。
 この「旬の喜び」をまだ未体験の方は…是非、今のうちに!
ノンビリしていると、旬は行っちゃいますヨ!

 ●●●お ま け●●● 
開花を待つスズラン

 庭のスズランも もうすぐ…です。
やっと春になり、まだ咲いているサクラもあるというのに、自然は待ってくれません。
 出番を待ちきれない花たちが 次々と…


プロフィール

永遠の独身!?いえいえ、愛する妻子ある身。身を粉にして働く良い夫、父であります。家族にも増して『釣り好き』なマスターなのでした。

MASTERはまなす

Author:MASTERはまなす
北海道フードマイスター
 JSA認定 ソムリエ
CPA認定 コムラード・オブ・チーズ
池田町認定 十勝ワインバイザー

…色んなこと楽しもぉね!



今月の定休日♪



検索フォーム



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する